グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  入試情報 >  入試情報‐短期大学部 >  奨学金・減免制度 >  私費外国人留学生 学費等減免について

私費外国人留学生 学費等減免について


1 対象者

以下の条件を満たす私費外国人留学生を対象者とします。
1 留学生活を続けていくために経済的な助けを必要とし、かつ、人物、学業成績ともに優秀と認められる者なお、経済状況については以下の全ての条件を満たす必要があります。
 ア 仕送りが平均月額90,000円以下である者
 イ 奨学資金の支給月額合計が100,000円以下である者
 ウ 在日している扶養者の年収が500万円未満である者
2 在留資格が「留学」である者
3 留学生入学試験出願時に「私費外国人留学生学費等減免申請書」及び「アルバイト状況証明書」(アルバイトを行っている者のみ提出してください。)を本学入試センターに提出した者

2 申請・認定

上記対象者から提出された「私費外国人留学生学費等減免申請書」等を基に減免者の認定をします。

3 減免額

大学後援会費・学院維持協力費は全額減免で、入学金・授業料・施設設備費は3分の1の額を減免します。ただし、実験実習費、学友会費及び災害傷害保険料は、減免の対象とはなりません。具体的な金額は次頁の表に示してあります。

4 2年次以降の申請

減免認定期間は1年間とします。2年次以降も減免を希望する者は、指定の日までに減免申請し、人物・学業成績・経済状況に関する学内審査を受けてください。(ただし、最長2年間とします。)
経済的な助けを必要としない者、学業成績が不振な者、又は本学の資格喪失事項に抵触した者は減免資格を失います。

5 減免が認定された場合の納額一覧

減免者と認定された場合は下表の額となります。

(単位 円)
現代コミュニケーション学科 食物栄養学科
授業料等 入学金  (1/3減免) 190,000 190,000
授業料(前期分)  (1/3減免) 210,000 210,000
施設設備費(前期分) (1/3減免) 70,000 70,000
実験実習費(前期分) 0 37,000
小計 470,000 507,000
委託徴収金 学友会費(前期分) 6,000 6,000
大学後援会費(前期分) 0 0
学院維持協力費(前期分)(1年次のみ) 0 0
大学同窓会入会金(入学時のみ) 2,000 2,000
小計 8,000 8,000
災害傷害保険料(金額が変更にある場合があります。) 2,080 2,080
入学金手続納付金 480,080 517,080
1年次後期納付金(10月) 286,000 323,000
1年次納付金合計 766,080 840,080
2年次納付金合計 584,000 658,000
上記の納付金以外の諸費用については、こちらを参照してください。