センター概要

宗教センターの役割

静岡英和学院大学は教育の目的に掲げられているとおり、キリスト教の精神を重視しています。静岡英和女学院の母体である静岡女学校は1887年にカナダ・メソジスト教会(現在のカナダ合同教会)の祈りと働きを得て、「神を愛し、人に奉仕する」というキリスト教精神を建学の精神とする静岡県下最初の女学校として設立されました。

宗教センターでは学生ひとりひとりが、学院創立以来大事にしてきた「愛と奉仕」の建学の精神をもち、それを実践していける人間(「愛の実践を伴う信仰こそ大切です」)に成長していけるように祈りながら、そのお手伝いをすることを目指しています。具体的には、以下の活動があります。

宗教センターの主な活動

スチューデントリトリート

スチューデントリトリートとは、一年生がキリスト教の精神に基づき人を育てる英和大学の良さを知ってもらい、また多くの友達を作ってもらいたいという活動です。リトリート委員と引率の上級生が共に企画し準備しています。

クリスマス関連

アドベント近くになると本館内、新館内などにクリスマスの飾り付けが学生有志によって行われます。また、イルミネーションも点灯します。

キリスト教関係の行事

イースター礼拝や創立記念礼拝などの行事には多くの学生が関わり、準備をしてくれています。特に最近はエンターティナ―・サークルのメンバーがサポートしています。また、礼拝には聖歌隊やベル部が演奏してくれています。

宗教委員会

メンバーはクリスチャン教員から構成されています。年度の初めの委員会では一年の行事の確認をします。その他の委員会は不定期に行っています。メンバーはほとんどのキリスト教行事に関わり、各行事を支えています。また、クリスチャン教員は年に一回は礼拝で奨励を行っています。

キリスト教研究会

大学、短大、また学科の枠を外したキリスト教教員が、一つのテーマについてそれぞれの専門立場において研究とその成果を公表することを目的としたものです。なお、研究の成果は「キリスト教研究年報」(2013年3月第一号創刊)において発表しています。

真理はあなたがたを自由にする。

静岡英和学院大学 宗教主任 伊勢田奈緒

宗教主任の大坪哲也です。大学と短大でキリスト教科目を教えています。水曜日のチャペルアワーでは、聖書から学院生活にとって大切なメッセージを発信しています。

この聖書の一節は、ヨハネ福音書8章32節の言葉です。真理とは永遠不変の理という意味ですが、ギリシャ語ではアレーテイアといいます。覆い隠されていたものが顕わにされるという意味です。ヨハネ福音書では、覆い隠されていたものが顕わにされる=真理とはイエスキリストの啓示であると言っています。大学はこの真理の探究に従事し、人類社会に奉仕することを使命としますが、隠されていたものを明らかにするという意味では、教会と同じ使命を共有しています。真理の探究に従事し、人類社会に奉仕する。私たちはこれらのミッションをキリスト教主義において大切にしています。

静岡英和学院大学・短期大学部 宗教主任 大坪哲也