グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  地域連携事例集 >  まちづくり、地域づくり、観光振興 >  観光集客拠点施設としてデータに基づき誘客活動を行うための分析

観光集客拠点施設としてデータに基づき誘客活動を行うための分析



基本情報

事業名 観光集客拠点施設としてデータに基づき誘客活動を行うための分析
担当者 毛利 康秀
所属 人間社会学部人間社会学科
実施時期 2017年10月1日~2018年1月31日
分野 観光社会学
キーワード 地域活性化、社会調査

事業の紹介

概要

平成29年度しずおか中部連携中枢都市圏地域課題解決事業の課題「観光集客拠点施設としてデータに基づき誘客活動を行うための分析」に採択され、静岡市立日本平動物園と連携し、フィールドワークならびに調査活動を行った。

目的

静岡市立日本平動物園を観光集客拠点施設として、さらなる誘客を行うための調査研究活動を行う。同園の運営は堅調に推移しているが、まだまだ潜在的な成長力が隠されていると考えられる。そこで、より多くの観光客を増やすため、そしてリピーターを増やすためには、どのような工夫が必要であるかの基礎的なデータを得るための調査研究を行う得ることを目的とする。

活動内容

動物園側から提供される過去のアンケート調査のデータに分析を加えるほか、学内でアンケート調査を実施し、得られたデータの集計・分析を通して、さらなる観光客の誘致および地域振興につなげていくために有効な施策を検討する。

成果

アンケートデータを分析した結果、家族で来園しているのは静岡市内・静岡県中部からが多く、友人やカップルはより遠方から来園していることが明らかになった。観光集客拠点施設としての日本平動物園を考えた場合、広域から友人・カップル層の来園を促す施策が有効であると判断した。アイデアを検討した結果、「お帰りなさい割引」「同窓会の開催を支援」「初デート割引」「コスプレイベントの開催」「休憩用ベンチのさらなる増設」「園内にタイムポストを設置」の6点を選定した。
研究結果については、2018年2月21日に静岡駅地下広場で開催された「静岡県内大学地域教育・研究フェア」にて発表した。

備考

今後の予定

メッセージ