グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  地域連携事例集 >  まちづくり、地域づくり、観光振興 >  アニメの舞台となった地域への波及効果と課題

アニメの舞台となった地域への波及効果と課題



基本情報

事業名 アニメの舞台となった地域への波及効果と課題
担当者 毛利 康秀
所属 人間社会学部人間社会学科
実施時期 2017年10月1日~2018年1月31日
分野 観光社会学
キーワード 観光まちづくり、地域活性化、コンテンツツーリズム、社会調査

事業の紹介

概要

ふじのくに地域・大学コンソーシアムの2017年度ゼミ学生等地域貢献推進事業の指定課題(沼津市)の「アニメの舞台となった地域への波及効果と課題」へ応募し、採択されたことを受けてフィールドワークならびに調査活動を行った。

目的

近年、映画・ドラマやアニメーション作品(コンテンツ)の舞台になった場所を訪れる観光(ツーリズム)である「コンテンツツーリズム」への注目が高まり、研究が進められている。この活動は、アニメーション作品「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台となった沼津市を対象として、観光振興や地域活性化にどのような影響を及ぼしているのかを実証的に明らかにし、今後の観光政策や地域振興に活用可能な基礎データを得ることを目的とする。

活動内容

沼津市内のフィールドワークならびに調査活動を行う。沼津市役所 産業振興部観光戦略課および沼津商工会議所 産業振興部地域振興課での聞き取り、商店街での商店主に対するインタビュー、ファンに対するインタビューを行う。そして現地を訪問したファン、商店主、地元の高校生を対象としたアンケート調査を実施し、その結果を集計のうえ検討を加える。

成果

制作者・行政・地域の連携がスムースに行われていること、ファンをおもてなしする体勢が整っていること、実際にファンの訪問が増えていること、ファンのマナーも概ね良好なこと、グッズや特産品の売り上げ増の効果があることも明らかで、成功例として数えられるものと判断出来る。アンケート調査の結果については、2018年2月17日に開催された同コンソーシアムの成果報告会にて発表した。

備考

今後の予定

メッセージ