グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  地域連携事例集 >  まちづくり、地域づくり、観光振興 >  七間町まちづくり トレジャーハンティング~地域の財産を発見・創造し、コンテンツを発信しよう~

七間町まちづくり トレジャーハンティング~地域の財産を発見・創造し、コンテンツを発信しよう~



基本情報

事業名 七間町まちづくり トレジャーハンティング~地域の財産を発見・創造し、コンテンツを発信しよう~
担当者 毛利 康秀
所属 人間社会学部人間社会学科
実施時期 2017年10月1日~2018年1月31日
分野 観光社会学
キーワード 地域活性化、社会調査

事業の紹介

概要

I Loveしずおか協議会と静岡大学・静岡英和学院大学との連携及び協力に関する協定に基づき、「地域創造フィールドワーク」の一環として七間町名店街と連携し、フィールドワークや調査活動などを通して、商店街を活性化させるための取り組みを行った。

目的

旧東海道からの歴史を持ち、静岡随一の繁華街として栄えた七間町も、現在では映画館の撤退が相次ぎ、閉店した店舗や空き地が目立つようになり、時代の変化の波に洗われている。若い世代を含むより多くのお客さんに来てもらうためには何が必要かについて考え、今後の施策に活用出来るだけの知見を得ることを目的とする。

活動内容

基本的なデータを収集・分類し、七間町名店街に関するに関する予備知識を蓄えた。また、七間町のイメージに関する学内アンケート調査も実施した。その後、実際に七間町名店街を歩き、商店主との会合を定期的に持つことによって、学生と商店主との間で率直な意見交換を行い、今後につながる成果を取りまとめるこことした。

成果

学内アンケートの結果、今の大学生世代には七間町の名前そのものが知られておらず、街へ足を運ぶ機会もないことが明らかになった。若い人に七間町を知ってもらうための仕掛けについてアイデアを出し合い、検討を進めた。その結果、半年間の取り組みではまとまった成果を出すことが難しいことが分かり、2018年度以降も引き続き取り組みを進めていく方向で一致し、一部の学生も引き続き携わることとなった。
半年間の研究を取りまとめたものについては、2018年2月21日に静岡駅地下広場で開催された「静岡県内大学地域教育・研究フェア」にて発表した。

備考

今後の予定

七間町名店街とは、2018年度以降も引き続き同じテーマで取り組んでいく方向となっている。また、このテーマに来年度以降も携わる意欲のある学生も複数おり、ゼミでの授業の一環としても継続していきたいと考えている。

メッセージ