グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  地域連携事例集 >  まちづくり、地域づくり、観光振興 >  I Love しずおか協議会・静岡大学・静岡英和学院大学の連携授業

I Love しずおか協議会・静岡大学・静岡英和学院大学の連携授業



基本情報

事業名 平成27年度ふじのくに地域・大学コンソーシアム ゼミ学生地域貢献推進事業・I Love しずおか協議会・静岡大学・静岡英和学院大学の連携授業
担当者 永山 ルツ子
所属 人間社会学部人間社会学科
実施時期 2015年10月1日~2016年2月29日
分野 観光、心理
キーワード 外国人、インバウンド、観光、SNS、心理

事業の紹介

概要

静岡市街地をフィールドとした研究を学生が立案し、フィールド調査を行い、その成果を静岡の産業界の方々の前で発表する課題解決型学習(PBL)の実践を行った。
テーマは、「外国人旅行者に魅力的なインバウンド観光用SNS情報の作成」だった。

目的

I Loveしずおか協議会は静岡中心街の賑わいを目指す参加団体数362の企業組織団体で、地域の大学との連携目的として、次の2点を掲げている。
1.静岡中心市街地でのまちづくりを通して、大学生(本学と静岡大学)が地域社会・社会人と協働し様々な能力・スキルを実践的に学べる場を構築する。
2.静岡中心市街に対する学生の興味・関心を高め、将来的に静岡まちづくりに貢献できる人材を育成する。
静岡大学と本学静岡英和学院大学は平成25年度から地域産業界と連携した授業科目である「地域連携プロジェクト型セミナー」による授業を行ってきた。本セミナーは、学生らが地域社会に出て、そこでの問題を自らで見いだし、調査あるいは実験により問題を解決していくことを目的として行った。平成27年度は、ふじのくに地域・大学コンソーシアム ゼミ学生地域貢献推進事業の一つとして、静岡市中心市街地 (通称「おまち」) の地域振興団体である「I Loveしずおか協議会」と静岡大学・静岡英和学院大学の協働によって開講され、本学静岡英和学院大学においては3年生の専門ゼミ科目として実施した。

活動内容

市街地において、I Loveしずおか協議会および静岡大学と共同でキックオフミーティングを開催し、市街地における問題点を学生らが自らテーマとした。本学の永山ゼミの学生らは、「I Loveしずおか協議会」と検討した結果、訪日旅行者に静岡市をアピールしてほしいとの要望を得た。そのため、外国人旅行者に魅力的なインバウンド観光用SNS情報を提供したいと考え、留学生と日本人大学生に対して、静岡市の観光イメージ調査を行った。

成果

静岡市街地をフィールドとした研究を立案し、調査を行い、その成果を静岡の企業の方々と他大学(静岡大学)の学生の前で、報告・発表するという流れで、問題解決型学習(PBL)の形式で行われた。
永山ゼミからは9名の学生が参加した。「I Loveしずおか協議会」と検討した結果、訪日旅行者に静岡市をアピールしてほしいとの要望を得た。そのため、外国人旅行者に魅力的なインバウンド観光用SNS情報を提供することをテーマとした。
まず、グルメ、名所、買い物ごとのイメージ画像を撮影するため、おまち(静岡市中心市街地)の実施調査を行った。次に、留学生と日本人大学生に対して、イメージ画像に対する印象を評定してもらい、静岡市の観光イメージ調査を行った。
調査の結果、グルメ、名所、買い物ごとに、日本人と留学生では、静岡市のイメージが異なることがわかり、外国人に魅力的な情報発信案を作成した。
I Loveしずおか協議会との連携では、10月にキックオフミーテイングが行われ、森会長をはじめとするおまちの方々が街歩きを学生と共にしてくださり、丁寧に学生に街の実情について説明をしていただく機会を持った。11月には中間報告会を行い、予備調査の結果を報告し、社会人の方々からご意見や実践的なアドバイスをいただいた。2月に最終報告会が行われ、研究の成果を発表し、協議会の方々と交流する機会を持った。

備考

今後の予定

・平成28年度 静岡市・焼津市地域課題解決事業助成金(5-①)
「交通安全啓発事業の刷新について」 採択

2016年度は「静岡市生活安心安全課」と協力し、若年層の視点にたった柔軟かつ斬新な「交通安全啓発事業」を企画し、実施予定である。

メッセージ

地域連携事業に関するお問い合わせ・ご相談

(窓口)静岡英和学院大学 企画部  地域連携担当
Tel&Fax 054-262-0091