グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  地域連携事例集 >  まちづくり、地域づくり、観光振興 >  道の駅富士に関する官学連携意見交換会

道の駅富士に関する官学連携意見交換会



基本情報

事業名 道の駅富士に関する官学連携意見交換会
担当者 横関 隆登
所属 人間社会学部人間社会学科
実施時期 2018年10月4日~2019年1月17日
分野 観光学
キーワード 道の駅

事業の紹介

概要

道の駅富士に関して管理主体である富士市産業経済部富士山・観光課および地元大学である静岡英和学院大学人間社会学部人間社会学科が意見交換を行った。

目的

道の駅富士が抱える問題に対して改善方法を検討する。

活動内容

第1回 道の駅富士に関する官学意見交換会
2018年10月4日(木)12時50分~14時20分
場所:静岡英和学院大学 コーディネーター:横関隆登
1 開会
2 富士市の観光(富士市職員)
3 道の駅富士(富士市職員)
4 質疑
5 閉会

第2回 道の駅富士に関する官学意見交換会
2019年1月17日(木)12時50分~14時20分
場所:静岡英和学院大学 コーディネーター:横関隆登
1 開会
2 道の駅富士に関する調査成果報告(静岡英和学院大学学生・教員)
3 質疑
4 閉会

成果

静岡県内で最初に認定された道の駅というプロモーション活動を促進していくために、地元新聞記事の収集・整理を行った。その結果、歴史的な新聞記事の発掘に成功した。また、現存する商品の消費拡大に向けたアイデアの提示と新商品・新イベント・施設改善・体験プログラムづくりの提案を行う等、道の駅富士の活性化のあり方を示した。

備考

今後の予定

メッセージ

地域連携事業に関するお問い合わせ・ご相談

(窓口)静岡英和学院大学 企画部  地域連携担当
Tel&Fax 054-262-0091