グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  地域連携事例集 >  文化振興、国際化 >  静岡県万葉の歌

静岡県万葉の歌



基本情報

事業名 静岡県万葉の歌
担当者 高橋 清隆
所属 現代コミュニケーション学科
実施時期 1984年~現在に至る
分野 文化
キーワード 地酒 万葉集 静岡酵母 富士山

事業の紹介

概要

万葉集には4516首の歌が収録されているが、そのうち65首は静岡県に関連していると思われる歌である。それらを丹念に考察し、当時の静岡県の様子、人々の思いを探る。

目的

静岡県と万葉集との関連を研究し、文化的意義を一般に知らせる。

活動内容

  1. 静岡県に関連した万葉集の和歌を研究し、著書を出版する。
  2. 公民館での講義等を行う。

成果

・単著  静岡県万葉の歌  静岡新聞社  1998年8月20日出版

備考

今後の予定

地元の企業と連携をより強めて行きたいと思っています。

メッセージ

静岡県は、日本一の数が、日本一ある県だと言われています。
お茶やミカンだけではなく、日本酒その他のすばらしい品々を、まず、県民の皆様にも、ぜひ知っていただきたいと思います。
また、万葉集に載る富士山の歌をはじめ、文化・芸術的にも進んだ県であることについても理解を深めていただきたいと思っています。

地域連携事業に関するお問い合わせ・ご相談

(窓口)静岡英和学院大学 企画部 地域連携担当
Tel&Fax 054-262-0091