グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  地域連携事例集 >  地域福祉の充実、子育て支援 >  保育者にとっての絵本とは何か

保育者にとっての絵本とは何か



基本情報

事業名 保育者にとっての絵本とは何か
担当者 鈴木正和
所属 コミュニティ福祉学科
実施時期 2015年12月15日~
分野 保育
キーワード 言葉、絵本、保育

事業の紹介

概要

静岡県社会福祉協議会による「静岡市の保育士さん就職応援セミナー」の要請により、保育士の資格を持ち、現場での復職を考えている潜在保育士の方々に対して、絵本や保育の言葉に関する研修会の講師を務めた。

目的

保育士の資格を持ちながら、現場を離れている潜在保育士の方々に対して、保育の言葉に関する講義を行うことで、職場への復帰を果たすための意識上の支援を行う。

活動内容

潜在保育士の方々に、子どもと言葉に関する理論的な研究の成果を紹介するとともに、絵本の読み聞かせやお勧めの絵本についての講義を行い、参加者の方々と意見交換を行った。

成果

保育の現場を離れている方々に、幼児の言葉や絵本に関する研究上の成果を伝えることで、保育の仕事に復帰する上での意識上の支援を行うことができた。

備考

今後の予定

メッセージ

地域連携事業に関するお問い合わせ・ご相談

(窓口)静岡英和学院大学 企画部 地域連携担当
Tel&Fax 054-262-0091