グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




重森 雅嘉(Shigemori Masayoshi)


所属

静岡英和学院大学短期大学部
現代コミュニケーション学科

職名

短期大学部部長・教授

学位(取得大学)

博士(心理学)(立教大学)

最終学歴

学習院大学大学院人文科学研究科(心理学専攻)博士後期課程単位取得退学

研究内容

専門分野

産業・組織心理学
ヒューマンエラー
認知心理学

研究課題

  • 組織安全、労働災害防止
  • サイエンス・コミュニケーション

研究実績(主要なもの)

  • 重森雅嘉 (2019). 不適切なスキーマの活性頻度とタイムプレッシャーが認知スリップに与える影響. 認知心理学研究, 17(1), 37-47.
  • 重森雅嘉 (2018). ヒューマンエラーの認知科学. 2018品質月間テキスト, No.434, 品質月間委員会https://webdesk.jsa.or.jp/books/W11M0100/index/?syohin_cd=6918434
  • 重森雅嘉 (2018). 高齢者による交通事故. 越智啓太(編), 高齢者の犯罪心理学, 誠信書房, Pp.121-137.
  • 重森雅嘉 (2018). 管理的安全から創造的安全へ. 立教大学心理学研究, 60, 5-14.
  • 重森雅嘉 (2017). 繰り返し経験が手書き文字の見間違いに与える影響. 医療の質・安全学会誌, 12(3), 263-269.
  • 重森雅嘉 (2009). 発生メカニズムに基づいた行為・判断スリップの分類. 心理学評論, 52, 186-206.

所属学会・その他学外活動

  • 日本心理学会
  • 日本産業組織・心理学会
  • 日本人間工学会
  • 日本社会心理学会
  • 日本認知心理学会
  • 医療の質・安全学会
  • American Psychological Association
  • Human Factors and Ergohomics Society

研究テーマに関連したSDGs

メンタルヘルス←クリック
産業・組織組織心理学←クリック
失敗の心理学←クリック

キーワード

ヒューマンエラー 安全 組織安全 医療安全

e-mailアドレス

gemo(ここに@を入れる)h9.dion.ne.jp

メッセージ

地域連携事業

本校教員が取り組んでいる地域連携事業をご紹介します。