グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




望月 裕子(Mochizuki Hiroko)


所属

静岡英和学院大学短期大学部
食物学科

職名

准教授

学位(取得大学)

博士(食品栄養科学)(静岡県立大学)

最終学歴

静岡県立大学大学院生活健康科学研究科博士課程修了

研究内容

専門分野

栄養生理学
基礎栄養学
食品栄養化学

研究課題

  • レチノイドおよびカロテノイドの消化吸収・代謝
  • 離乳期のラット空腸におけるβカロテン代謝関連酵素ならびに遺伝子の発現誘導機構

研究実績(主要なもの)

  • Mochizuki, H., Mochizuki, K., Suruga, K., Igarashi, M., Takase, S. and Goda, T.: Induction of the BCMO1 gene during the suckling-weaning transition in rats is associated with histone H3 K4 methylation and subsequent coactivator binding and histone H3 acetylation to the gene. J. Nutr. Sci. Vitaminol., 58, 319-326(2012).
  • Mochizuki, K., Kawai, H., Mochizuki, H., Shimada, M., Takase, S. and Goda, T.: Fatty acid in component of milk enhance the expression of the cAMP-response-element-binding-protein-binding protein (CBP)/p300 gene in developing rats. Br. J. Nutr., 99, 481-486 (2008).
  • Mochizuki, K., Mochizuki, H., Kawai, H., Ogura, Y., Takase, S. and Goda, T.: Possible role of fatty acids in milk as the regulator of the expression of cytosolic binding proteins for fatty acid and vitamin A through PPAR α in developing rats. J. Nutr. Sci Vitaminol., 53, 515-521 (2007).
  • Mochizuki, K., Yagi, E., Sakaguchi, N., Mochizuki, H., Takabe, S., Kuranuki, S., Suzuki, T., Shimada, M. and Goda, T.: The critical period for thyroid hormone responsiveness through thyroid hormone receptor isoform α in the postnatal small intestine. Biochim. Biophys. Acta., 1770, 609-616 (2007).
  • Ogura, Y., Suruga, K., Mochizuki, H., Yamamoto, T., Takase, S. and Goda, T.: Postnatal changes in gene expression of retinaldehydrogenase and retinoid receptors in liver of rats. Life Sci., 74, 519-1528 (2004).

所属学会・その他学外活動

  • 日本栄養・食糧学会
  • 日本ビタミン学会
  • 日本レチノイド研究会
  • 日本栄養士会

キーワード

関連リンク

e-mailアドレス

メッセージ

ヒトの体内で起こる消化・吸収・代謝等の現象について、栄養学的基礎をしっかりと修得することを 望みます。さらに、成長発達や老化、疾病の成り立ちと異常な代謝などの専門知識を習得し、卒業後栄養士として活躍することを大いに期待します。

地域連携事業

本校教員が取り組んでいる地域連携事業をご紹介します。