グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  学生生活 >  学生生活について >  各種証明書・申請書について

各種証明書・申請書について


  • ○印は証明書自動発行機(以下「発行機」という)を利用してください。
    〈利用時間:平日 9時00分~18時00分、土曜日 9時00分~12時00分〉
  • 手数料を要する諸手続きの用紙は総務課に備えてあります。

[クリックすると拡大します]

注意事項

  1. 健康診断証明書は健康診断の全項目を受診していない場合には発行きません。発行は卒業式当日までとします。
  2. 開封厳禁の証明書類を正当な理由なくして開封、又は破棄した者に対しては、当該証明書の再発行はできないので注意をしてください。
  3. 卒業後に成績証明書・卒業証明書等が必要になった場合は、次の事項を提示して本人が直接学務課窓口で申し込むかまたは郵送により申し込むことができます。(本人であることを確認できる証明書が必要です。)
    (1)学籍番号
    (2)氏名
    (3)生年月日(西暦)
    (4)住所
    (5)必要な証明書の種類と部数

    ※郵送による場合
    1手数料を郵便小為替で送金してください。
    2返信用の封筒と切手を同封してください。
    3発行には数日を要します。

通学証明書

私鉄によっては、新年度の初回購入時には通学証明書が必要な場合があります。(JRは原則として不要)所定の用紙に必要事項を記入の上、学務課に申し込んでください。また、その後は、旧定期券・学生証・通学定期乗車券購入カードを購入窓口に提示することで購入できます。ただし、通学区間などを変更した場合は学務課に学生証と通学定期乗車券購入カード(様式P39)を持参し、新たな通学区間の確認印を受けなければなりません。

学校学生生徒 旅客運賃割引証(JRのみ適用)

学校学生生徒旅客運賃割引証(学割)が必要な場合は、証明書自動発行機を利用してください。なお、学割の使用には、以下の事項に留意してください。

(1)学割の使用は次の場合に限定されます。

  1. 休暇、所用による帰省
  2. 実験実習など正課の教育活動
  3. 本学が必要と認めた正課外の教育活動
  4. 就職または進学のための受験等
  5. 本学が修学上適当と認めた見学または行事への参加
  6. 傷病の治療その他修学上支障となる問題の処理
  7. 保護者の旅行への随行

(2)年間1人10枚を算出基準として交付されているので、それ以上、使用を希望する場合は、申し出てください。

(3)有効期限は3ヶ月で、片道乗車距離が100kmを超える場合の普通運賃に適用されます。

(参考)静岡駅起点の場合
東海道上り 国府津駅以東 御殿場線 東山北駅以東
東海道下り 新所原駅以西 身延線 鰍沢口駅以北

(4)学割を使って乗車船する場合は学生証と学割を常に持っていること。係員の請求があれば呈示しなければなりません。

(5)不正使用(他人への譲渡・貸与・記入事項の改変・有効期限後の使用)は、厳禁します。

(6)卒業生は卒業式まで申し込めますが、有効期限は3月末日までです。また教職員の引率で、学生15名以上でJRを利用する複合に団体学生運賃割引制度を受けることができます。申し込みは、JRの各駅、旅行代理店にある所定用紙に本学の証明を得て行えます。


証明書自動発行機

1. 発行できる証明書

  1. 学校学生生徒旅客運賃割引証(学割)
  2. 在学証明書
  3. 卒業見込証明書
  4. 成績証明書
  5. 健康診断証明書

2. 設置場所

新館2Fホール

3. 使用方法

学生証を発行機にかざしてから、発行機の画面の指示に従って操作してください。

4. 利用時間

※夏季休業中、冬季休業中など、利用時間が制限されることがあります。
平日 9時00分~18時00分
土曜日 9時00分~12時00分

注意事項

  1. 発行機の利用は在学生に限ります。
  2. 上記以外の証明書は、学務課に申し込みをしてください。
  3. 「厳封」(封筒に入れて封印)を必要とする場合は、学務課に申し出てください。
  4. メンテナンス・故障・年度末・年度始めに、発行機を一時停止することがあります。
  5. 使用する時期や取扱いに注意し、余裕を持って利用してください。

PDFダウンロード

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。