グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  学生生活 >  学生生活について >  保健室の利用について

保健室の利用について



保健室では

保健室は、保健管理に関する専門的業務を一体的に行い、学生の健康の保持増進、環境衛生及び伝染病の予防について指導援助しています。
  1. 学生生活を健康で、有意義に過ごす為に定期健康診断を実施し、疾病の予防、早期発見につとめています。
  2. 日常生活での不安や悩みなど、様々な心の問題についての相談にも応じていますので、気軽にお立ち寄りください。
  3. けがや気分が悪くなった時などの応急処置はしますが、継続的な治療はできませんので、必要に応じて専門医の紹介をします。
  4. 就職時などに必要な健康診断証明書を発行しています。(自動発行機)

定期健康診断

毎年4月に定期健康診断を行っています。定期健康診断は、学校保健法第6条1項により毎学年定期に行うものと定められており、必ず受けなければなりません。この定期健康診断を受けなかった学生は、医療機関で指定項目の診断を受け、健康診断証明書を保健室に提出していただきます。その場合の費用は個人負担となります。
※受けなかった場合、何らかの不利益が生じても大学では責任を負いません。自己責任において解決してください。
健診項目は、次のとおりです。

  1. 身体計測――身長・体重
  2. 視力
  3. 聴力
  4. 尿検査
  5. 胸部レントゲン
  6. 内科検査
    聴打診――循環器・呼吸器・消化器
    問視診――神経系・皮膚・眼・耳鼻咽喉

応急処置

急病、外傷などの初期の手当てを行います。保健室で処置できない病気や外傷は、医療機関を紹介します。また、気分が悪くなったり、身体がだるい、めまいがするなど、体調不良の時は、気軽に利用してください。

健康相談

大学生活を送る上で大事なことは、心身ともに健康であることです。大学では、みなさんの心身両面の健康管理を考慮して相談に応じています。少しでも困っていること、不安なこと、悩んでいることはありませんか。心の悩み、身体の悩み、その他気になることがあったらいつでも相談してください。必要に応じて、保健室が窓口となり、相談にのってくださり心理学の先生、カウンセラー、医師なども紹介します。個人の秘密は厳守しますので、安心しておいでください。

AED(自動体外式除細動器)

防災訓練時に講習を予定しています。
設置場所:保健室・学務課・体育館・警備員詰所・多目的運動場

健康相談室(心とからだ)

  • 心身の健康について気軽に相談してください。
  • 病気や体の異常について気になるときは相談してください。
  • 学校生活での悩みや不安、緊張、息詰まりなどに直面した時、一緒に考えていきましょう。
  • 利用方法etc
    場所:保健室
    時間:月曜日~金曜日…午前 9時30分~11時30分/午後 13時00分~15時30分
    担当:保健担当者

    プライバシーは厳守します。

伝染病

感染症にかかった場合は、直ちに病名を連絡してください。また、家族に感染症の患者が発生した場合も同様にしてください。医師の指示に従い登校許可が出るまで休養し、登校時には医師の診断書を持って学務課までおいでください。

ひとり暮らしの方へ

  1. 遠隔地被扶養者証
    親元を離れてアパート等に居住している学生は、証明書発行機で在学証明書を受け取り、これを保護者に送り、遠隔地被扶養者証の発行手続きをしてもらい、いつでも使えるようにしておいてください。
  2. 常備薬
    自分の体調・体質に合わせて用意しておきましょう。
    かぜ薬・解熱鎮痛剤・胃腸薬・消毒薬・湿布薬・その他-アイスノン・体温計等