グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  News >  静岡県内初のスクールソーシャルワーク養成校の認定について

静岡県内初のスクールソーシャルワーク養成校の認定について


本学人間社会学部コミュニティ福祉学科では、今年度に入り、日本社会福祉士養成校協会(東京)にスクールソーシャルワーク(SSW)教育課程認定を申請しておりましたが、この度協会より正式に教育課程設置の認定を受けました。来年度4月より本学で開講されるSSW教育課程においては、本学で受験資格が取得できる社会福祉士国家試験に合格し、かつ本学のSSW指定科目を履修すれば、協会より修了証の認証が与えられます。

全国では、2015年04月01日現在、SSW教育課程設置校は31校ありますが、静岡県では聖隷クリストファー大学と並んで今年度同時に認定された県内初のSSW教育課程の設置校となります。

SSWは子ども不登校やいじめといった問題の背景にある貧困や家庭の虐待等に介入し、地域にある行政、地域住民等の社会資源につなげていくことで、子どもを支援していく専門職です。

2014年8月に閣議決定された「子供の貧困対策に関する大綱」では、5年間で、SSWを現在の1500人から1万人に増加させること、SSWを全国の市区町村に配置することなどが明記されており、今後ますます注目されていく専門職となる見込みです。