グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  News >  食物学科の授業が静岡新聞に掲載されました。

食物学科の授業が静岡新聞に掲載されました。


食物学科では毎年もち米の加工を学ぶ授業の一環で餅つきを行います。
今年も12月17日、18日の二日間行い、その授業が静岡新聞の朝刊に取り上げられました。
普通のもち米の他に、玄米やお米の粉を混ぜたものを使い、自分たちで火を入れたかまどで蒸しました。待っている間、指導にあたってくださった青木先生より「しめ縄」の由来や意味についての説明をみな熱心に聞いていました。
そして出来上がったお餅を食べ、みな笑顔いっぱいでした。