グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  News >  【学生ならびに教職員の皆さま】新型コロナウイルスへの対応について

【学生ならびに教職員の皆さま】新型コロナウイルスへの対応について


 新型コロナウイルスの感染が世界各地で報告されています。感染をできる限り抑えるために、学生ならびに教職員の皆様には、各自が危機管理意識を持ち、感染予防と感染対策を徹底してください。

授業は4/20(月)から開始とします。

  
   実施にあたっては座席の間隔をあける、換気を行う、アルコール消毒液を設置するなど感染防止に
 努めます。

1 感染予防について
  新型コロナウイルスの感染予防として、手洗い、手指消毒、うがい、マスクの着用等の感染症対策
  を行うように努めてください。
  https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html
  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00094.html#yobou 
 ■ 手指消毒・手洗い
   ドアノブや照明器具のスイッチなどに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している
    可能性があります。教室等に入る前、食事前など適切な手指消毒、手洗いをしてください。
   https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593494.pdf 
 ■ 咳エチケット
   https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593495.pdf
 ■ 体温測定
   毎日、朝と夕の決まった時間に体温計で測定し、必ず記録をしてください。

2 体調管理等について
 (1)人込みを避け、不要不急の外出は控えるようお願いします。
    https://www.cas.go.jp/jp/influenza/pdf/cluster.pdf
 (2)風邪症状(のどの痛み、発熱、咳、体調不良など)のある場合は、出席停止とします。
     外出を控え、自宅で待機し、静養してください。
  ■ 家族、近親者に感染者が出た場合も自宅で待機してください。判断が難しい場合は
    学生課(054-264-8873)に連絡し、相談してください。
  ■ 濃厚接触者となった場合、感染した場合も同様に出席停止です。
  ■ 「出席停止」の場合、公欠に準ずる扱いとしますので、事前連絡のうえ、公欠の手続きを
     してください。
  ■ 感染の報告があった場合、保健所等に大学から連絡をさせていただくことがあります。


  参考 新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安(厚生労働省発表)
 ① 相談・受診の前に心がけること
  ● 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
  ● 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。
 ② 帰国者・接触者相談センターに相談する目安
  以下のいずれかに該当する方は、帰国者・接触者相談センターにご相談ください。
 (a)風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日(基礎疾患がある場合は2日以上)続く方
   (解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)
 (b)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
   ※全国「帰国者・接触者相談センター」は厚生労働省HPで公開

(参考情報) 
  新型コロナウイルス感染症については、日々状況が変化しています。関連のホームページ等で、
  最新の情報を確認してください。

  ・新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について(文部科学省ホームページ)
  ・新型コロナウイルス感染症対策の対応について(内閣官房ホームページ)
  ・新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省ホームページ)
  ・静岡県公式ホームページ(新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報)
  ・海外安全ホームページ(外務省ホームページ)
  ・WHOホームページ

                               2020年3月27日
                               静岡英和学院大学
                               静岡英和学院大学短期大学部
                               学長 柴田 敏