グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  News >  観光地域デザインメジャー資格合格のご報告(3月31日)

観光地域デザインメジャー資格合格のご報告(3月31日)


国内旅程管理主任者資格 15名が取得

2021年3月3日(水)~5日(金)に実施した「国内旅程管理者研修」を15名が受講し、全員が「国内旅程管理主任者」の資格を取得しました。

 国内旅程管理主任者とは、観光庁長官が認定する準国家資格※で、旅行会社が企画する国内旅行に同行して旅行者のお世話をする主任添乗員(ツアーコンダクター)の資格です。主任添乗員として仕事をするには、この資格が必要となります。「国内旅程管理主任者」の資格を取得するためには、①「旅程管理研修」を受講し、修了試験に合格、②添乗実務経験、またはそれに相当する添乗実務研修を修了することが要件となっています。

 本学では、観光庁長官の登録を受けた研修機関の協力を得て、観光業界に興味がある人間社会学科の学生(1~3年)15名が受講しました。研修では、本学教員(観光庁認定登録講師)による旅程管理研修(2日間)の受講と修了試験の実施、貸切バスを利用した添乗実務研修(1日間)が行われました。
 ステップアップとして、海外旅行の添乗もできる「総合旅程管理主任者」の取得を目指したり、観光業界で唯一の国家資格である国内旅行業務取扱管理者・総合旅行業務取扱管理者にチャレンジしたりしていきます。
 取得した資格を活かし、観光業界への就職につなげていきます。

※観光業界では、準国家試験と称されています。

ホテルビジネス実務検定試験 2名が合格

2021年3月6日(土)に実施された「2020年度 第2回ホテルビジネス検定試験」において「ベーシックレベル2級」に2名が合格しました。

 ホテルビジネス実務検定試験は、ホテルの実務知識の体系的理解度を測る検定試験です。「観光ビジネス事情」という授業の中で検定試験の内容を取り入れ、ホテルの基本的知識や宿泊、料飲、宴会などの実務で必要となる知識を修得しました。そして、観光・ホテル業界に興味がある人間社会学科3年生の2名が受験し、2名が合格しました。
 この資格は、観光・ホテル業界でも評価が高まっており、就職活動や就職後の仕事に役立てることができます。

申込者 実受験者 合格者 認定率
本学 3名 2名 2名 100%
全体 900名 845名 572名 67.7%