グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  学友会 >  講演会

講演会


ナレス マハラジャン氏 秋の講演会

 楓祭(大学祭)初日の10日(土)に、ナレス  マハラジャン氏をお迎えし、「日本に留学、進学して」を演題としてご講演いただきます。
 現在、全国には約27万人の留学生がいると言われています。その留学生の一人として日本に来たマハラジャン氏が、どんな思いを持ちながら目標に向かって勉強をされてきたのか。また、仕事をする上で日本人との共同作業が不可欠となる際の心構えなど、ご自身の体験を踏まえたお話になります。
 日本語学校、大学等で学んでいる留学生の皆さんのみならず日本人の方にも是非ともご来場いただき、多文化共生社会で暮らす際の在り方を共に考える機会としていただけましたら幸いです。
 ぜひ、足をお運びください。

講演会 開催されました!

11月10日(土)13:30より、新館5階楓ホールにてナレス・マハラジャン氏をお迎えし、講演会が開催されました。
講演会の第一部では、ナレス氏の留学経験の中で、日本とネパールの文化の違いや、社会の仕組みの違い、これから日本で就職する留学生への注意点をお話していただきました。
第二部では、ナレス氏と本学学長、学生代表2名とのトークセッションを行いました。
日本の文化と、どのような点がネパールと異なっているか、学生が留学生と交流して気づいた点など、熱い意見が交わされました。

講演終了後、ナレス氏とナレス氏の弟さんにも加わっていただき、本学留学生、日本語学校の留学生等との交流会が開催されました。
食事を囲んで、ナレス氏にいろんなお話を聞かせていただきました。
最後に、ネパールやスリランカで良く踊る踊りを、みんなで輪になって踊り、和気あいあいとした雰囲気の中で閉会いたしました。

第二部 トークセッション

交流会