グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  静岡英和学院大学 >  コミュニティ福祉学科 >  保育士・幼稚園教諭モデルコース

保育士・幼稚園教諭モデルコース


子どもや保護者に寄り添う、知識と技術を備えた専門家を目指します。

特徴

地域とつながる学び

1年次から社会福祉総論や地域福祉論といった、社会福祉全体を理解する上で重要な科目を学びます。保育士や幼稚園教諭(一種)を目指すうえでも地域社会の実際を理解し福祉的視点を持つことは重要です。対人援助職として大切なコミュニティを理解し、関わっていく力を学んでいきます。

福祉を基盤とした保育・幼児教育

みんなで子育てをする地域づくりができる「保育士」「幼稚園教諭(一種)」をめざします。子育て支援の専門職としてさまざまな社会や家庭において生じる問題や相談に応じられる総合技術(相談援助技術)が求められています。

特徴3 充実した公務員対策講座

近年、保育所や幼稚園では、正規職員以外の非正規職員が増えています。安定して働き続けたい、公務員の保育士や幼稚園教諭(一種)になりたい、と希望する学生向けに公務員対策講座を開講しています。模擬試験の実施から面接対策となる模擬面接指導まで、学生個々の状況に合わせた支援が行われます。

履修モデル

保育士と幼稚園教諭の2つの資格を目指す場合

保育園や幼稚園での就職をねらい、保育士資格と幼稚園教諭一種免許の2つの資格をめざします。2つの資格を取得することで進路がひろがります。

社会福祉士資格と保育士資格の2つの資格を目指す場合

18歳までの子どもの育ちを支援するには、社会福祉士と保育士の2つの資格をねらいましょう。子どもの発達のしくみと社会福祉士としての対人援助力を学ぶことで応用力のある援助者をめざします。

在学生の声

佐塚加苗 さん(静岡英和女学院高等学校出身)

幼少時の記憶が保育者を目指すきっかけ。
保育者になることが幼少期からの夢。自分自身が幼稚園に通っていた頃の楽しい記憶が今も残り、いつも明るく優しい先生に憧れていたことを覚えています。ここでは、子どもの成長や発達といった基礎知識をはじめ、子どもにとって遊びの大切さや、遊びと保育者の関わり方などを幅広く学んでいます。中でも子どもの心理学の授業は、子どもの行動を様々な角度から考察するという、興味深い内容でした。

2つの資格取得を目指してじっくり学ぶ。
近い将来、幼稚園と保育所が一体となった認定こども園が増えると言われています。ここで必要となるのが、保育士と幼稚園教諭の両方の資格。英和のコミュニティ福祉学科では、これら2つの資格を目指すことができます。私も資格取得を目標に、学童保育のアルバイトやレクリエーション活動などにも積極的に参加し、多くの経験をしたいと思っています。

授業紹介

保育カウンセリング

子どもの発達障害や虐待など保育を取り巻く諸問題にふれ、現場で求められるカウンセリングについて、理論と方法を学びます。

音楽療法入門

非言語コミュニケーションの世界の豊かさに触れ、人と人とのつながりに音楽を用いて関係を築くプロセスを学びます。

乳児保育

生涯発達からみた乳幼児期の育ちの大切さを学ぶとともに、実践につながる乳児の保育を理解します。

公務員対策講座(2014年度スケジュール)

4月

卒業生(公立保育所勤務)による体験談
保育士模試過去問題

5月

保育士模試1回目

6月

保育士模試2回目

7月末~9月中旬

採用試験1次
1次試験合格者に、個別面接・集団面接練習を教員が行います。
また、別途キャリア支援課のキャリアカウンセラーによる面接練習も行なっています。

このほかに応募書類の書き方をキャリア支援課の協力により実施。
公務員試験対策の取り組むことで、私立保育所への就職活動にも役立ちます。