グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  静岡英和学院大学 >  コミュニティ福祉学科 >  社会福祉士モデルコース

社会福祉士モデルコース


確かな知識と経験をもつ、相談援助のスペシャリストを育成します。

特徴

社会福祉士を目指す

1年次から社会福祉総論や地域福祉論といった、社会福祉全体を理解する上で重要な科目を学びます。また相談援助演習などの科目を通して、社会の福祉課題や総合的な対人援助技術を体験的に理解し、相談援助の専門家である「社会福祉士」をめざします。

地域と密着した学び

地域に根ざした授業や実習を行っています。県下にある多くの社会福祉施設の協力を得ながら、大学で講義していただいたり、直接施設を訪問して利用者の方と関わる機会も設けています。こうした事前学習を踏まえて、相談援助実習では相談援助職に必要な知識や技術、価値を身につけていきます。

手厚い国家試験対策

社会福祉士の国家試験受験対策では、本学教員による複数回のオリジナル対策講座や模擬試験、確認テストの機会を設けています。一人ひとりにあった勉強方法を教員と一緒に考え、仲間と切磋琢磨しながら学べるので、しっかりと実力を身につけることができます。

履修モデル

社会福祉士資格を目指す場合

社会福祉士資格の取得を第一にめざす方におすすめの履修モデルです。社会福祉士資格に必須の科目を履修しながら、他学科の科目を合わせた、各自の関心に合わせた幅広い学びが可能です。

社会福祉士資格+高校教員免許(福祉)を目指す場合

社会福祉士資格にプラスして高等学校教諭一種免許(福祉)も合わせてめざします。福祉を教える教員免許も取ってみたい、という人におすすめの履修モデルです。

在学生の声

渡辺知恵 さん(静岡県立富士東高等学校出身)

出発点は、人の役に立ちたいという思い。
幼い頃から人の役に立つ仕事に興味があり、様々な出会いや経験から、困っている人や支援を必要としている人の力になりたいと思うようになりました。そんな時、相談援助の専門家である社会福祉士という職業と出会い、自分の思いに最も近い専門職だと確信しました。資格取得を目指して、高齢者・障がい者・児童と、それぞれの分野の福祉について学んでいます。

より良い福祉社会の実現を目指して。
授業は座学だけでなく、実践で役立つ力をつけるための演習もあります。少人数グループに分かれ、具体的事例を元に学ぶ「相談援助演習」は、同じ志を持つ仲間と意見交換をしながら共に考えることで理解が深まります。1年次からゼミに所属し、丁寧な指導が受けれられるのも魅力です。将来は、今ある制度や考え方にとらわれず、常により良い支援方法を考えて行動に移せるソーシャルワーカーを目指したいです。

授業紹介

社会福祉総論

現代社会における福祉制度の意義や理念、福祉政策について理解と考察を深めます。福祉の理論や哲学、歴史などを学びます。

相談援助演習

少人数グループに分かれ、具体的な事例をもとに面接再現、支援計画の作成などを行い、福祉現場で役立つ実践力養います。

福祉とキリスト教

キリスト教に大きな影響を受けて発展してきた、社会福祉実践の歩みついて学びながら、人が生きることの信仰と結び付きを理解します。

社会福祉士国家試験受験対策講座(2014年度スケジュール)

4月

受験ガイダンス1

5月

前期対策講座1
確認テスト1

6月

合格者による合格体験談
前期対策講座2
確認テスト2

7月

確認テスト3
中間面接会
受験ガイダンス2

9月

第1回模擬試験
受験ガイダンス3
確認テスト4
後期対策講座

10月

第2回模擬試験
確認テスト5

11月

第3回模擬試験
確認テスト6

12月

直前対策講座
第4回模擬試験
直前面接会
受験ガイダンス4

1月

第5回模擬試験
国家試験
国家試験を振り返る会