グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  静岡英和学院大学 >  コミュニティ福祉学科 >  社会福祉メジャー

社会福祉メジャー


人と社会を支え、ふだんのくらしのしあわせを実現するために、社会福祉はなにができるのか。

特徴

社会福祉士を目指す

1年次から社会福祉総論や地域福祉論といった、社会福祉全体を理解する上で重要な科目を学びます。また相談援助演習などの科目を通して、社会の福祉課題や総合的な対人援助技術を体験的に理解し、相談援助の専門家である「社会福祉士」をめざします。

地域と密着した学び

地域に根ざした授業や実習を行っています。県下にある多くの社会福祉施設の協力を得ながら、大学で講義していただいたり、直接施設を訪問して利用者の方と関わる機会も設けています。こうした事前学習を踏まえて、相談援助実習では相談援助職に必要な知識や技術、価値を身につけていきます。

手厚い国家試験対策

社会福祉士の国家試験受験対策では、本学教員による複数回のオリジナル対策講座や模擬試験、確認テストの機会を設けています。一人ひとりにあった勉強方法を教員と一緒に考え、仲間と切磋琢磨しながら学べるので、しっかりと実力を身につけることができます。

履修モデル

社会福祉士資格を目指す場合

社会福祉士資格の取得を第一にめざす方におすすめの履修モデルです。社会福祉士資格に必須の科目を履修しながら、他学科の科目を合わせた、各自の関心に合わせた幅広い学びが可能です。

社会福祉士資格+高校教員免許(福祉)を目指す場合

社会福祉士資格にプラスして高等学校教諭一種免許(福祉)も合わせてめざします。福祉を教える教員免許も取ってみたい、という人におすすめの履修モデルです。

ゼミ紹介

地域福祉推進ゼミ

「無意識から国際福祉」領域を視野に持ち、個人、小集団、地域社会を支援し、地域福祉を推進する「CSW 」に必要な理論と技術を身に付け、地域共生社会の実現に貢献できる人材を養成します。

「自立」と「育ち」のゼミ

自分のありのままを発揮でき、さらにそれを他の人々や社会の充実に役立てるという「生き方」を自立と考え、そのための子どもの育ち、認知症やねたきりの高齢者、障がい者の自立について検討します。

在学生の声

授業を通じて本当に自分に合っている将来を探すことができます

竹下 知穂さん
(静岡県立藤枝西高等学校 出身)
※2021パンフレットより

幼いころから保育士が夢でしたが、授業を受けるうちに、社会福祉士にも興味を持ち、どちらの資格にも挑戦することにしました。保育士では、子どもたちが経験を積み、成長できる環境の大切さを、社会福祉士では、その人らしい生活を支援する相談援助の技術を学んでいます。両分野で実習しましたが、「人をサポートする」という根幹の部分は共通しており、両方の実習を経験できたことで視野が広くなりました。どちらの資格についても学べることはこのコースの最大の魅力です。得た知識をしっかり活用できる仕事に就きたいです。
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1時限目 社会保障論Ⅰ
2時限目 社会理論と社会システム 子どもと言葉 福祉組織経営論
3時限目 英語ボキャブラリービルディング 相談援助演習Ⅴ 保育実習指導Ⅰ( 施設) 福祉行財政と福祉計画
4時限目 教育・保育相談 ソーシャルワーク実習指導Ⅲ 専門演習Ⅱ 公的扶助論
5時限目 社会保障論Ⅱ
3年次後期

授業紹介

社会福祉総論

社会福祉の発展とは、自分も他者も大切にできる人が増えてゆくことです。現代社会を考察し、そのための課題を探るのがこの授業の目的です。

ソーシャルワーク論

ソーシャルワーカー(社会福祉専門職)の価値と倫理、役割と機能について、現代の社会と地域生活の概要をふまえながら理解を深め、総合的かつ包括的な相談援助について学んでいきます。

相談援助演習

相談援助演習ではコミュニケーションスキルの向上や対人援助プロフェッショナルのための専門技術の獲得を目標に、参加型の授業を行います。

社会福祉士国家試験受験対策講座(スケジュール)

4月

・受験ガイダンス

5月

・前期対策講座/確認テスト

6月

・合格者による合格体験談
・前期対策講座②/確認テスト②

7月

・前期確認テスト③/中間面接会
・受験ガイダンス②

9月

・第1回模擬試験
・受験ガイダンス③
・確認テスト④/後期対策講座

10月

・第2回模擬試験/確認テスト⑤

11月

・第3回模擬試験/確認テスト⑥

12月

・直前対策講座/第4 回模擬試験
・直前面接会/受験ガイダンス④

1月

・第5 回模擬試験

2月

・国家試験
・国家試験を振り返る会