グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




橋本 勝(Hashimoto Masaru)


所属

静岡英和学院大学
人間社会学部コミュニティ福祉学科

職名

コミュニティ福祉学科長・教授

学位(取得大学)

教育学修士(青山学院大学)

最終学歴

青山学院大学 大学院文学研究科教育学専攻 博士後期課程 満期退学

研究内容

専門分野

教育社会学

研究課題

  • 教科外の教育活動に関する歴史社会学的研究
  • 教師教育

研究実績(主要なもの)

  • 「明治期における公開行事の実施と小学校の自己組織化 : 明治後半期の教育展覧会と小学校令の関係を中心として」『日本特別活動学会紀要』 第22号 2014年
  • 「明治期の小学校における試験の展開と終焉--教育機能の《選抜・配分》と《統合》という観点から」 『関東教育学会紀要』 第35号 2008年
  • 「明治中期における導入期の学校儀式の教育目標観とカリキュラム観をめぐる断絶 」『日本特別活動学会紀要』 第16号 2008年
  • 「埼玉県における教員の年齢構成と教職活動に関する調査研究」平成8年度~平成10年度科学研究費助成金(基盤研究(B)(1))研究成果報告書(代表 三輪定宣)『教員の年齢構成と教職活動・教育効果に関する研究』(共著)1999年
  • James,S.Coleman「教育における選択制についての所見」『学校選択の自由化―Astin,J.WとColeman.J.Sとの意見交換―』平成4年度文部省科研費助成研究(代表:山内太郎)『イギリス中等教育(カリキュラム)改革における一般教育と職業教育の統合と展開に関する研究』成果報告(共訳)1993年

所属学会・その他学外活動

  • 日本教育社会学会
  • 日本教師教育学会
  • 日本生活指導学会
  • 関東教育学会

キーワード

関連リンク

e-mailアドレス

メッセージ

地域連携事業

本校教員が取り組んでいる地域連携事業をご紹介します。