グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




志田 倫子(Shida Michiko)


所属

静岡英和学院大学
人間社会学部コミュニティ福祉学科

職名

教授

学位(取得大学)

文学修士(東京女子大学 文学研究科 社会学専攻)

最終学歴

九州大学大学院 人間環境学研究科(発達・社会システム専攻) 博士後期課程単位取得満期退学

研究内容

専門分野

  • 地域社会学
  • コミュニティ論
  • 家族・ジェンダー・子ども社会学

研究課題

  1. 掛川市生涯学習運動の展開過程とコミュニティ形成に関する研究
  2. 男女共同参画社会のもとでの地域活動と家庭におけるジェンダー変容に関する研究
  3. 子どもの遊びと社会化に関する研究

研究実績(主要なもの)

  • 「地域活動における成人の社会化に関する研究−ジェンダー形成を中心に−」1999年6月 九州教育学会研究紀要第26巻 p93−p100
  • 「役割理論からみた男女共同社会の検討」2005年2月 静岡英和学院大学研究紀要第3号 p57−p70 (2003〜2005年度 科学研究費若手Bによる)
  • 「社会的ネットワーク論と日本型コミュニティの方途」2014年3月 静岡英和学院大学研究紀要第12号 p49−p58

(近年の学会発表)
  • 「草創期における掛川市生涯学習の構図−掛川市生涯学習の展開と地域社会の形成−」2015年9月 日本社会教育学会第62回大会
  • 「掛川市生涯学習運動とコミュニティ形成−市民向け学習講座“とはなにか学舎”の分析から−」2016年5月 地域社会学会第41回大会

所属学会・その他学外活動

  • 日本社会学会
  • 地域社会学会
  • 日本社会教育学会
  • 日本家族社会学会
  • 日本子ども社会学会 など

キーワード

関連リンク

e-mailアドレス

m_shida-11(ここに@が入ります)shizuoka-eiwa.ac.jp

メッセージ

私は、主に地域社会をフィールドにして社会学的な方法で研究を行っています。現在は、自宅から通う学生の皆さんも増えているようです。「ふるさとは、遠きにありて思ふもの」ではなく、長くかかわっていく生活の場となるかもしれませんね。では、住民にとって「安心・安全」で「利便性」があり、「快適」なまちとはどのようなものでしょうか?わたしたち住民が主体となって行う「住民主体のまちづくり」とはどのようなものか、考えていきましょう。

地域連携事業

本校教員が取り組んでいる地域連携事業をご紹介します。