グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




野瀬 元子(Nose Motoko)


所属

静岡英和学院大学
人間社会学部 人間社会学科

職名

准教授

学位(取得大学)

博士(国際地域学)(東洋大学)

最終学歴

東洋大学大学院国際地域学研究科国際地域学専攻博士後期課程修了

研究内容

専門分野

観光学

研究課題

  • インバウンド観光に関わる観光政策分析
  • 旅行者行動分析を通じた観光まちづくり施策の検討

研究実績(主要なもの)

  • 効果的な観光マーケティング組織の運営に関する考察-カリフォルニア州およびソノマ郡DMOを事例として-,第31回日本観光研究学会全国大会研究発表論文集,2016
  • DMOに着目した研究の進展状況―効果的なデスティネーション・マネジメントに関する研究動向のレビュー―, 第30回日本観光研究学会全国大会研究発表論文集, 2015
  • 観光地における高齢旅行者の利便性向上施策―スウェーデン,スペインのアクセシブル・ツーリズム―, 第29回日本観光研究学会全国大会研究発表論文集, 2014.12
  • 外国人旅行者の交通パス購入意向に関する研究,土木学会論文集 D3(土木計画学)Vol.67, No.5, 2011.12 (CD-ROM)
  • 日光・箱根における外国人観光者と日本人観光者の評価特性分析, 都市計画学会論文集, No.43-3, pp.595-600, 2008.10

所属学会・その他学外活動

・所属学会
 日本観光研究学会
 土木学会
 日本都市計画学会
 日本交通学会

・研究助成
1) 科学研究費補助金, 基盤研究 (C), 平成24~26年度, 高齢者の観光地ユーザビリティに関する研究
2) 科学研究費補助金, 基盤研究 (C)(分担), 平成26~28年度, 観光振興のためのマーケットデザインに関する研究-効果的な日本型DMO構築に向けて

キーワード

インバウンド観光 旅行者行動分析 観光地形成 観光政策

関連リンク

e-mailアドレス

nose(ここに@を入れる)shizuoka-eiwa.ac.jp

メッセージ

「近き者よろこべば、遠き者来たらん」
様々なことに取り組み、それらを前向きに捉える姿勢は、自分自身の大きな力となると思います。
近くの人と力を携えて、大きな目標に向かって進んで行きましょう。

地域連携事業

本校教員が取り組んでいる地域連携事業をご紹介します。