グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  静岡英和学院大学 >  人間社会学科 >  【人間社会学科】教員紹介 >  大坪 哲也(ootsubo tetsuya)

大坪 哲也(ootsubo tetsuya)


所属

静岡英和学院大学
人間社会学部 人間社会学科

職名

宗教主任、講師

学位(取得大学)

修士(文学)(京都大学)

最終学歴

京都大学大学院 文学研究科 思想文化学専修 宗教学専攻 博士課程満期退学

研究内容

専門分野

キリスト教学 宗教哲学 人間学

研究課題

  • 聖書講読
  • キリスト教教育
  • キリスト教神学
  • 宗教哲学研究
  • 北欧圏における社会福祉思想 

研究実績(主要なもの)

  • 『キルケゴールとデンマークの哲学・神学』(編訳)晃洋書房、2018年
  • 『ヘーゲルと現代思想』(共著)晃洋書房、2017年
  • 「F.C.シバーンのヘーゲル批判―近代デンマーク哲学とデンマークヘーゲル主義との対決―」、日本ヘーゲル学会編『ヘーゲル哲学研究』22号、2016年
  • 「アドラーのヘーゲル主義における孤立した主体性―デンマークヘーゲル主義における主体性論の展開―」日本ヘーゲル学会第23回研究大会、2016年
  • 「キルケゴールの不安の概念における実存論的学の問題」、京都大学『宗教学研究室紀要』Vol.11、2014年

担当科目

キリスト教学(人間社会学科,コミュニティ福祉学科) 人間社会総論(コーディネータ)
人間学基礎 チャペルアワー
人間と哲学 キリスト教学入門(現代コミュニケーション学科,食物学科)
キリスト教と現代社会 キリスト教と現代(現代コミュニケーション学科,食物学科)
基礎演習(Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ)

所属学会・その他学外活動

・所属学会
 日本基督教学会、日本ヘーゲル学会、実存思想協会

・学外活動
 日本キリスト教団正教師(牧師)

・2019年度 日本学術振興会: 科学研究費助成事業(若手研究)
 課題名:「デンマーク黄金時代におけるキルケゴールのヘーゲルに対する関係」
 研究期間:2019年度~2021年度

キーワード

関連リンク



e-mailアドレス



メッセージ

宗教主任の大坪哲也です。キリスト教学科目や教職科目を教えています。チャペルアワーや宗教センターで気軽にお声掛けくださいね。皆さんの充実した学生生活をお祈りしています。静岡の皆さま、130年の間、この地に根付いた英和学院を今後ともよろしくお願いいたします。

地域連携事業

本校教員が取り組んでいる地域連携事業をご紹介します。